日本酸化ストレス学会の演題を登録した方のフロー

日本酸化ストレス学会 利益相反について

演題登録時

演題登録画面で、発表演題提出前1年間における筆頭演者の 利益相反状態について、申告すべき利益相反は「ない」もしくは「ある」にチェックを入れてください。「ある」を選択された場合は、発表者(共同演者含む)COI報告書を4月5日(金)17時までにメールに添付でinfo@sfrrj72.orgまでお送りください。

演題発表時

必要事項をご記入いただき、口頭発表では演題名・演者名のスライドの次に、下記のフォーマットでCOI状態を開示ください。ポスター発表では下記を1部出力してポスターパネルに貼り付けてください。

日本酸化ストレス学会 倫理指針について

人を対象とする医学系研究については、「疫学研究に関する倫理指針」(平成19年文部科学省・厚生労働省)及び「臨床研究に関する倫理指針」(平成20年厚生労働省)の両指針が統合され、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」として平成26年12月に公布され、平成27年4月より施行となりました。
これに伴い「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき、各機関などにおける倫理審査委員会の承認を得て行われた研究であることが必須となりますので、ご留意くださいますようお願い申し上げます。本指針に該当するものは必ず施設での倫理委員会での承認番号を抄録内に明記して下さい。また、症例を取り扱う場合は、個人情報の保護に万全の注意を払ってください。

日本酸化ストレス学会 特許について

下記をご参照下さい。

http://sfrrj.umin.jp/tokkyo_info.htm

このページの最上部へ